数学 共通テスト対策 開始

こんにちは。

酒田市で学習塾を経営しています

スキルアップ進学ゼミ 代表の

松田 裕次郎です。

いよいよ学校も始まり,生徒のみなさんは

なかなか慣れないせいかくたびれている様子です。

体調管理は万全を期してがんばりましょう!

今日,紹介するのは剰余の定理です。

ポイントをつかみ,確実に得点に結び付けたいですね。

ポイント1

割られる数が1次のとき X-3 のときは

X=3 を代入すると余りがでますね。

これを剰余の定理といいます。

便利ですね。

ポイント2

割られる数が2次以上のとき Ⅹ²+5x-3 のときは

ひたすら割るしかありません。

ポイント3

割られる数が (x-5)² のように重解のときは

どうでしょうか?

展開して割っちゃいますか?

実はすばらしい解法があるんですよ。

次回に解法を教えます。

それまで,がんばって考えて下さい。

剰余の定理では,

もちろん!組み立て除法が使えるのであれば

使った方が簡単ですばやく解答がでるので

躊躇なく使ってください。

当スキルアップ進学ゼミでは

共通テスト対策として,毎回2問課題として

配布しております。

受験生のみなさん!

現代文のような数学共通テストにはやくなれましょう。